紅の館とは

紅花染め体験

染物色々

当紅の館では時代と共に変わりゆく染物を昔のままに次の時代に伝えて行く努力をしています。

染める法方は冬の季節は寒いので室内は暖かく藍染は色んな染め具を使用して直接冷たい染液や水を手で触ることなく染められます。紅花は36度から38度のぬるま湯を使用します。

心地よい手触りと染め上がりの素晴らしい由布友禅は布に型紙で染液を叩きつけるようにして染液を奥へ押し込みます。そうして色んな花柄の模様が出来上がります。

メッセージなども思いのままに染められます。

由布院窯 蛍工房